優待利回りと配当利回りの合計が高い株主優待ランキング

第1位 TOKAIホールディングス


引用:LIBMO

LPガス、電力などのインフラ事業や、リフォーム、ケーブルテレビ、宅配水など、東海地方を地盤として多様な事業を展開している企業です。株主優待は100株以上保有で年2回、以下の5つの中から一つを選択できます。
【Aコース】自社グループ飲料水宅配サービス関連商品(2,050円相当)
【Bコース】商品券(QUOカード)(500円分)
【Cコース】自社グループフレンチレストラン「ヴォーシエル」お食事券(1,000円分)
【Dコース】TLCポイント(自社グループ会員サービスのポイント)(1,000円分)
【特別コース】格安スマホサービスLIBMO 1年間無料(月1,880円相当、1年間22,560円相当)

上記に加えて、自社グループ結婚式場婚礼10%割引券1枚と自社グループ食事20%割引券12枚ももらえます。【特別コース】を選択した場合は年間で22,560円相当の優待ですので、高い優待利回りとなりますが、平成29年9月期末及び平成30年3月期末株主優待の2回限定で実施予定となっています。

銘柄コード 3167
最低投資金額 101,600円
権利付き最終日 3月末日、9月末日
最小単元株数 100株
予想配当利回り 2.76%
優待利回り 22.2%(特別コース年間22,560円で計算)
優待利回り+予想配当利回り 24.96%
優待内容 保有株数に応じて、以下のコースから選択した1コースを贈呈
【Aコース】自社グループ飲料水宅配サービス関連商品
【Bコース】商品券(QUOカード)
【Cコース】自社グループフレンチレストラン「ヴォーシエル」お食事券
【Dコース】TLCポイント(自社グループ会員サービスのポイント)
【特別コース】格安スマホサービスLIBMO 1年間無料(月1,880円相当、1年間22,560円相当)

・100株~300株未満…【A】2,050円相当【B】500円分【C】1,000円分【D】1,000円分【特別】1年
・300株~5,000株未満…【A】4,100円相当【B】1,500円分【C】3,000円分【D】2,000円分【特別】1年
・5,000株以上… 【A】8,200円相当【B】2,500円分【C】5,000円分【D】4,000円分【特別】1年

※2018年1月22日時点

TOKAIホールディングス公式サイトへ
http://www.tokaiholdings.co.jp/

第2位 サンリオ


引用:サンリオピューロランド

「ハローキティ」をはじめとするオリジナルキャラクター商品の企画・販売やテーマパーク事業をおこなっている企業です。株主優待は100株以上保有で年2回、テーマパーク共通優待券3枚と、自社店舗オンラインショップで使える買物優待券(1,000円)1枚をもらえます。テーマパーク共通優待券はサンリオピューロランドとハーモニーランドのパスポートとして使えます。サンリオピューロランドの休日入場料は大人3,800円ですが、優待券で無料になるためかなりお得な優待です。

銘柄コード 8136
最低投資金額 190,100円
権利付き最終日 3月末日、9月末日
最小単元株数 100株
予想配当利回り 2.89%
優待利回り 13.04%(テーマパーク共通優待券は1枚3,800円で計算)
優待利回り+予想配当利回り 15.93%
優待内容 ・100株~500株未満…テーマパーク共通優待券3枚、買物優待券(1,000円)1枚
・500株~1,000株未満…テーマパーク共通優待券6枚、買物優待券(1,000円)1枚
・1,000株~4,000株未満…テーマパーク共通優待券8枚、買物優待券(1,000円)2枚
・4,000株~10,000株未満…テーマパーク共通優待券10枚、買物優待券(1,000円)2枚
・10,000株~50,000株未満…テーマパーク共通優待券12枚、買物優待券(1,000円)2枚
・50,000株~100,000株未満…テーマパーク共通優待券15枚、買物優待券(1,000円)2枚
・100,000株以上… テーマパーク共通優待券20枚、買物優待券(1,000円)2枚

※2018年1月22日時点

サンリオ公式サイトへ
https://www.sanrio.co.jp/