株主優待は欲しいけれど、あまり大きな金額を株に投資するのは心配、という方は多いです。そんな方のために、投資金額10万円以下でもらえる株主優待の中から、特におすすめのものをランキング形式で紹介します。

10万円以下で買えるおすすめの株主優待

第1位 ヤマダ電機


引用:ヤマダ電機

国内最大手の家電量販店チェーンです。大型の駐車場を備えたロードサイド型の店舗「テックランド」や、都市型大規模店舗「LABI」を展開しています。株主優待は100株以上保有で年2回、買い物優待券をもらえます。3月は1,000円分、9月は2,000円の優待券がもらえて、優待利回りはかなり高いです。1年以上保有すると3月優待は1,500円分、9月優待は500円分の優待券がプラスされますので、さらにお得です。

銘柄コード 9831
最低投資金額 63,500円
権利付き最終日 3月末日、9月末日
最小単元株数 100株
予想配当利回り 2.83%
優待利回り 4.83%
優待利回り+予想配当利回り 7.66%
優待内容 株式数に応じて買い物優待券を贈呈
・100株~500株未満…3月末1,000円分、9月末2,000円分
・500株~1,000株未満…3月末2,000円分、9月末3,000円分
・1,000株~10,000株未満…3月末5,000円分、9月末5,000円分
・10,000株以上…3月末25,000円分、9月末25,000円分

継続保有期間(100株以上)に応じて、以下の買い物優待券を追加で贈呈
・1年以上2年未満…3月末1,500円分、9月末500円分
・2年以上…3月末2,000円分、9月末500円分

※2018年1月20日時点

ヤマダ電機公式サイトへ
http://www.yamada-denki.jp/

第2位 ヴィア・ホールディングス


引用:ヴィア・ホールディングス

やきとり屋「備長扇屋」、洋食ファミリーレストラン「オーブン亭」、パスタ店「パステル」、刺身居酒屋「魚や一丁」など、多数のブランドの飲食店を傘下にもつ外食企業です。株主優待は100株以上保有で年2回、グループ傘下の店舗での1,000円以上の食事で1 枚(500 円)利用できる優待券を5枚(2,500円分)もらえます。該当店舗をよく利用する人にとっては優待利回りが高いのでおすすめです。また優待券をカタログ商品と交換してもらうこともできます。

銘柄コード 7918
最低投資金額 74,500円
権利付き最終日 3月末日、9月末日
最小単元株数 100株
予想配当利回り 0.67%
優待利回り 6.71%
優待利回り+予想配当利回り 7.38%
優待内容 1,000円以上の食事で1 枚(500 円)利用できる優待券を贈呈
・100株~200株未満…2,500円相当
・200株~300株未満…5,000円相当
・300株~400株未満…7,500円相当
・400株~500株未満…10,000円相当
・500株~600株未満…12,500円相当
・600株~700株未満…15,000円相当
・700株~800株未満…17,500円相当
・800株~900株未満…20,000円相当
・900株~1,000株未満…22,500円相当
・1,000株以上…25,000円相当

※優待券を返送することにより株主優待交換商品カタログの商品と交換可

※2018年1月20日時点

ヴィア・ホールディングス公式サイトへ
http://www.via-hd.co.jp/