第3位 鳥貴族


引用:鳥貴族

焼鳥のチェーン居酒屋「鳥貴族」で知られる企業です。株主優待では、100株以上持っているとお食事券1,000円相当をもらうことができます(年2回)。全国展開しているため優待券も使いこと、最低投資金額も下がってきていることから狙い目の銘柄でしょう。

銘柄コード 3193
最低投資金額 184,000円
権利付き最終日 1月28日、7月26日
最小単元株数 100株
予想配当利回り 0.43%
優待利回り 1.08%
優待利回り+予想配当利回り 1.51%
優待内容 100株以上保有で年2回、お食事優待券を贈呈。
・100~299株…1,000円相当(年間2,000円相当)
・300~499株…3,000円相当(年間6,000円相当)
・500株以上…5,000円相当(年間10,000円相当)

※2019年1月24日時点

鳥貴族公式サイトへ

第4位 ネオジャパン


引用:QUO CARD

「desknet’s NEO」を主軸としたグループウェアソフト開発・販売で事業を拡大している企業です。株主優待はクオカードが年2回、100株以上の保有で500円相当(年間1,000円相当)、200株以上の保有では1,000円相当(年間2,000円相当)をもらうことができます。東南アジアへの進出にも意欲的ですので、今後もさらなる事業拡大が期待される銘柄です。

銘柄コード 3921
最低投資金額 85,100円
権利付き最終日 1月28日、7月26日
最小単元株数 100株
予想配当利回り 0.59%
優待利回り 1.17%
優待利回り+予想配当利回り 1.76%
優待内容 ・100~199株…クオカード500円相当(年間1,000円相当)
・200株以上…クオカード1,000円相当(年間2,000円相当)

※2019年1月24日時点

ネオジャパン公式サイトへ

第5位 東京ドーム


引用:東京ドームホテル

東京ドーム、ラクーア、東京ドームシティアトラクションズ、東京ドームホテルなど商業施設や不動産事業を展開している企業です。500株以上保有で株主優待の対象となり、東京ドームシティ内のアトラクション・レストランで利用できる優待チケットをもらうことができます。2,000株以上保有ではさらに、東京ドームで開催されるプロ野球ペナントレース観戦(読売ジャイアンツ及び北海道日本ハムファイターズ)の指定席券として使える野球株主証も追加されます。東京ドームシティや野球観戦好きの人にはぴったりの優待内容となっています。

銘柄コード 9681
最低投資金額 459,500円
権利付き最終日 1月28日
最小単元株数 100株
予想配当利回り 1.31%
優待利回り
優待利回り+予想配当利回り 1.31%
優待内容 下表参照
優待の内容所有株式数
500株以上2,000株以上5,000株以上10,000株以上30,000株以上
1. 東京ドーム株主優待 得10チケット10Point20Point20Point30Point30Point
2. 東京ドーム500円優待券6枚6枚12枚12枚30枚
3. 野球株主証対象:対象年度に東京ドームで開催されるプロ野球のペナントレース〔読売ジャイアンツ及び北海道日本ハムファイターズの主催試合〕のうち、ご希望の試合(所定の数まで)
期間中の最小所有株式数500株以上2,000株以上10,000株以上30,000株以上
3年以上5年未満継続保有巨人戦指定席C2枚又は日本ハム戦指定席1枚:計8試合(株主限定通信販売で利用の場合:3,000円分)
5年以上7年未満継続保有巨人戦指定席C2枚又は日本ハム戦指定席1枚:計12試合(株主限定通信販売で利用の場合:3,000円分
7年以上継続保有巨人戦指定席C2枚又は日本ハム戦指定席1枚:計16試合(株主限定通信販売で利用の場合:6,000円分巨人戦指定席B2枚又は日本ハム戦指定席1枚:計16試合(株主限定通信販売で利用の場合:6,000円分)巨人戦指定席A2枚又は日本ハム戦指定席1枚:計16試合(株主限定通信販売で利用の場合:6,000円分)

※2019年1月24日時点

東京ドーム公式サイトへ