6月に権利が確定する株主優待をおすすめ順にご紹介します。優待内容だけでなく、最低投資金額や配当利回りなどもしっかりチェックしてくださいね!

1.すかいらーく


引用:すかいらーくグループ

1962年に食品スーパーとして開業、1970年代から本格的にレストランチェーンにシフトしたすかいらーくグループ。国内では老舗のレストランチェーンで、現在ではガストをはじめ15のチェーン店を展開し、ニラックス、フロジャポン、トマトアンドアソシエイツなどの企業を傘下に収めています。さらにファミリーレストラン経営だけでなく宅配サービス部門にも力を入れており、多様化するニーズにこたえるべく企業努力を続けています。

株主優待は3000円相当の食事券。全国に数多い店舗数を誇るすかいらーくグループなので、使い勝手がよく人気があります。特にファミリー層にはおすすめの株主優待です。

最低必要額 17万2800円
権利確定月 6月、12月
配当利回り 2.31%
年間優待内容 3000円相当の自社食事券×2

※2017年5月28日時点

2.日本マクドナルドホールディングス


引用:マクドナルド

今やおなじみとなったハンバーガーショップを経営する、日本マクドナルドホールディングス。世界的な大手ハンバーガーチェーン「マクドナルド」を運営する企業です。日本マクドナルドホールディングスの株主優待は自社製品の無料クーポンですが、店舗数が多く身近なこと、バーガー類とサイドメニュー、ドリンクの組み合わせが6セット分などお得感があることなどから非常に人気で、株主優待の人気も株価安定に一役買っているのでは、といわれています。

最低必要額 39万円
権利確定月 6月、12月
配当利回り 0.77%
年間優待内容 食事券6セット分×2

※2017年5月28日時点